しののめ 旅行・音ゲーマニア見聞録

鉄道や飛行機の乗車・搭乗記録や、音ゲーについて語っていきたいです。

スカイマークの夜更かしフライトに乗ってみた(SKY704便) 【19-5帰省】

こんにちは。更新頻度を上げると宣言しました。有言実行ですよ。やったぜ。

 

今回は飛行機です。スカイマークの運航している「夜ふかしフライト」についてのレビューです。

そもそも、

 

夜更かしフライトってなんぞや

 

っていう人が大半だと思うので、そこから行きます。

僕のブログ読んでくれてる人は大半が若い人だと思うのですが、旅行とか帰省するとき、夜間の時間を移動に充てたりして、日中の時間うまく使いたいですよね。

そんな客をターゲットに、スカイマークでは多客期限定で、深夜便を運航しています。

それがこちら

f:id:sayakatyan231:20190706104745j:plain

羽田を起点に多くの便を運航している、夜ふかしフライト

ついでにURLも張り付けておきます

スカイマーク公式→https://www.skymark.co.jp/ja/campaign/f_flight/

今回はたまたまGWの帰省便で悩んでいたところ、他よりも7000円も値段の低い便を見つけ、それが夜ふかしフライトだったというだけなんですが(おぃ)

13700円でした。安いでしょ?

 

今回は、新千歳(CTS)1:10発→羽田(HND)2:50着、SKY704便についてご紹介します。

 

今回は新千歳出発が日付変わった後なので、注意が必要です。

テレビのように26時=2時とか、航空業界ではそんな表し方はしません。

7/6の1時といえば、午前1時なんです。予約をする際は注意が必要です。

夜ふかしフライトを予約すると、前日に注意を促すメールが届くようになっているので、安心ですね。

f:id:sayakatyan231:20190706105610p:plain

搭乗前日になると、注意を促すメールが届くようになっている

それでは新千歳から実際に乗ってみようというわけですが、新千歳への夜のアクセスは意外と限られてきます。電車もバスも都会のように遅くまで走っているわけではないので、数時間前に到着しました。

f:id:sayakatyan231:20190706110034j:plain

f:id:sayakatyan231:20190706110039j:plain

夕食でも取ってとりあえず時間をつぶすのがいいと思います

余談なんですが、このラーメン、美味しいんですね。

一幻というお店のえびそばです。空港で食べられるので是非に。

 

新千歳空港のお店はほとんどが21時か22時までしかやってません。

f:id:sayakatyan231:20190706110552j:plain
f:id:sayakatyan231:20190706110559j:plain
このような状況、交通機関も何もないので、ほぼ陸の孤島と化す

コンビニでさえも21時で閉店になるので、まさに陸の孤島と化してしまいます。

出発カウンターの前の自販機で飲み物を買うくらいしか、できることは何もないです。

食事をとったのが19時だったので、早くも空腹でした。コンビニで何か買っとけばよかったですね。リサーチ不足です。

f:id:sayakatyan231:20190706110611j:plain

普段大勢の客でにぎわっているJALの出発カウンターもすっからかん。GSも帰ってしまった。

ANAAIR DOの出発カウンターもすでにセパレートされ追い出されて、仕方なく保安検査場を通るしかありませんでした。

23時くらいでしょうか。

f:id:sayakatyan231:20190706111126j:plain

追い出される直前のホール。

すでに夜ふかしフライト以外の便は終わっているので、使わないところ開けて

おいても仕方ないですから、仕方のないことだと思います。

警備員さん、夜遅くのお仕事、ご苦労様です。

f:id:sayakatyan231:20190706111411j:plain

この日は機材の関係で、名古屋行きが少し遅れているようだった。

保安検査場を通っても自販機はありますが、店は相変わらず何もやってませんし、ただ広いところに夜ふかしフライトの客だけがぽつぽつといるだけです。

ただ有難いことにwifiとコンセントは完備なので、PCでフライトレーダーを開いて遅れて出発していった名古屋行きを追ってみたり、贅沢に時間を使って優雅に待っていました。コーヒーでもあればもっとよかったですが。贅沢過ぎはよくないですね。

同じ学校の連れはすでに眠気と怠さがピークのようで、緑色の椅子で眠ってしまいました。

f:id:sayakatyan231:20190706112016j:plain
f:id:sayakatyan231:20190706112018j:plain
人も少ないので、ノビノビとくつろぐこともできる

ダラダラしていると時間の経過は意外と速いもんで、0時の東京行きが出たかと思えばすぐに僕らの乗る機材が到着しました。

f:id:sayakatyan231:20190706112314j:plain
f:id:sayakatyan231:20190706112410j:plain
スカイマークB737-800を29機所有している(19年7月6日現在)

いざ機内へ、照明は少し暗めにされていましたね。着席率は70%ほど。

僕の列は通路側まで2席空いていました。

毛布などは最初から用意されているわけではなく、欲しければCAさんからもらう形でした。

出発前に欲しいかどうか聞いてもらえます。

f:id:sayakatyan231:20190706112756j:plain

巡航飛行時や、駐機場ではこんな感じ

夜の便なので、離陸直前には機内が真っ暗になります。

滑走路の灯や、飛行機のTaxi Lightが光っている様子がとてもよくわかります。

幻想的な風景ですね。

f:id:sayakatyan231:20190706113110j:plain

B737-800、いいですね。こういう間接照明、もっと流行ってほしいです。

f:id:sayakatyan231:20190706113341j:plain

天気は少々荒れ模様の様子。揺れるかな。

手持ちのXperiaで撮影しましたが、夜間は限界ですね(^^;

何の問題もなく、千歳の地を飛び立ちました。

 

サービスはあるのかなと気になっていましたが、普通にありました(^^;

いつも通り、キットカットとコーヒーです。

f:id:sayakatyan231:20190706113657j:plain

この組み合わせ、結構好きです

CAさんはおそらく慣れっこだとは思うのですが、夜遅くのフライトで若干お疲れのようでした。

気流もずっとあまりよろしくなく揺れてたので、さっさと眠ることに。

目を覚ますと、すでに着陸準備に入っていて、雲の中をガタガタ揺れながら飛行してました。

f:id:sayakatyan231:20190706114128j:plain

わかりずらいわ

どうでもいいんですけど、スカイマークのB3、ウイングレットにハートがついていて、可愛いんですよ。好きです。

 

揺れながら学校で習った空力や航空機構造学のことなんかを考えていたら、羽田に到着。

 

国内線ターミナルは、3時でいったん全部閉まります

 

なので、タクシーで国際線ターミナルへ移動することに。

ほかにも同じような方が大勢いらっしゃいました。夜間料金1050円です。

f:id:sayakatyan231:20190706114514j:plain

寝ている外国人でびっしりで驚きました。

夜の羽田空港も昼間とは全く違っていて面白いです。

コンビニは開いていたので、空腹もやっと満たすことができました。

 

あとは始発まで待つことになります。

 

少々不便な部分もありましたが、これで早朝から東京で動けますし、ほかの行き先の便でも便利なことに変わりはないかなと思いました。

乗る際はしっかり事前準備をしておくことをお勧めします。

夏休み~秋シーズンは、7/2~10/26まで運航しています。是非、夏休みの旅行に役立ててみてはいかがでしょうか。

https://www.skymark.co.jp/ja/

 

気動車目的の日帰り旅行(4/20小樽その3)

おひさしぶりです。更新間隔開きすぎて、私のこと忘れた方もいらっしゃるのではないでしょうか。自己紹介します?(爆

テスト勉強に明け暮れていたので、ほかのことに割く時間が本当になかったのです。すみません(^^;

 

本題

 

前回、追分から室蘭本線岩見沢から函館本線と、道内の主要路線を次々と味わっていったわけですが、時間もあるし、切符も元を取りたいので急遽、小樽まで足を延ばすことにしたのです。

 

発車ホームにつくと、すごく行列ができていました。北海道の輸送事情を理解していない僕は、その客の多さから、当然いしかりライナーは6両で運転されているものだと思っていましたが、駅の放送等を聞いて驚愕。

 

区間快速いしかりライナーは、3両での運転です

 

はぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ?!?!?!?!

 

中国人観光客と、札幌近郊の住人に押しつぶされて小樽まで行けと?!?!

 

ついにやってきました

f:id:sayakatyan231:20190628214053j:plain

区間快速いしかりライナーは3両編成で運転される

12:58発、区間快速いしかりライナー 小樽行き

733系B-113編成

 

車内はすぐに乗客で一杯になりましたが、琴似、手稲を過ぎたら身動きができるようになり、車窓を楽しむ余裕が出てきました。

f:id:sayakatyan231:20190628215401j:plain

札幌運転所にて変態連結をされたキハ283の先頭車

また、いつか見ておきたいなぁと思っていた、キハ201系を運よく見ることができたんです。

これは本当に幸運なことで、最近はあまり運用に入っていることがないと、噂だったんです。固定運用は朝だけなんだとか。

みんな大好きな変態気動車ですよ。好きでしょ??

f:id:sayakatyan231:20190628215846j:plain

電車と協調運転をする、キハ201.

Twitterのフォロワーさんから聞いていた通り、銭函からの景色もとても素晴らしかったんです。

これね、札幌から小樽に行く方は電車で行くことを強くお勧めします。

電車で行ったほうがいいですよ。

 

電車で行かないともったいないです

 

f:id:sayakatyan231:20190628220242j:plain

天気が良かったのも相まって、海の車窓の中で一番きれいだったかもしれません

これ、電車の中からですからね。きれいすぎて、いつまで見てても飽きませんでした。

時間を忘れていると、あっという間に小樽に到着です。

乗車時間は30分ほどでした。

f:id:sayakatyan231:20190628220754j:plain

f:id:sayakatyan231:20190628220737j:plain

f:id:sayakatyan231:20190628220732j:plain

f:id:sayakatyan231:20190628220746j:plain

これ、小樽ビールっていうんですけど、このビール、すごくおいしかったんです。

無料で工場見学ツアーを一日に何度も行っており、麦の違いなんかも教えてくれたりするんです。

f:id:sayakatyan231:20190628220801j:plain

小樽を訪れる際はお酒を飲むことも考慮して、電車で来ることを強く、お勧めします

ドイツビールの製法を今でも続けているとかで、普段飲んでいるサッポロビールと一味違う、特別な味わいでした(^^♪

 

 

旧、日銀北海道支店の建物に行って、小樽についての勉強をしたところで、疲れたので帰ることにしました。

f:id:sayakatyan231:20190628220807j:plain

いしかりライナーに対して、6両で運転されるエアポート。

快速エアポート164号 小樽→千歳

721系 F-5101編成

 

何と今回は  

 

Uシートを取っておきました

f:id:sayakatyan231:20190628222020j:plain

快速エアポートに1両だけ連結される、Uシート

Uシートでした。

f:id:sayakatyan231:20190628222225j:plain

シートピッチは広く作られている

今回は721系のUシートに乗車したわけですが、一つだけ不満な点がありました。

 

デッキに、一般の客が入ってくる!!!

 

デッキとの仕切りが自動ドアなんですが、指定券を持っていない客がデッキに多くいることでドアが頻繁に開閉し、居住スペースの快適性が損なわれていると感じました。

グリーン車と表示しているわけでもなく、料金はJRの通常快速・普通列車指定料金ですから、仕方がないのかなと思ったりはしましたが、やはり多少でも多く払って座席指定に乗っているわけですから、JRのグリーン車のように、指定券を持っていない人はデッキへの立ち入りを禁止したり、そういったことがあってもいいのかなと思いました。

 

それ以外に関しては言うことなしです。とても快適で、素晴らしいシートでした(^^♪

 

1時間の乗車で、千歳に到着です。

f:id:sayakatyan231:20190628223002j:plain

特急並みに速くて便利な快速エアポート、是非利用してみてください

今回は気動車にもしっかり乗り、観光地もしっかり回るといった、欲張りセットでぐるっと回ったわけですが、十分楽しめるものでした。

 

一日散歩きっぷは、JR北海道の自動券売機、窓口にて、週末土日限定で販売しています。

是非皆さんも一日散歩きっぷで北海道の旅、行かれることをお勧めします

 

気動車目的の日帰り旅行、完

気動車目的の日帰り旅行(4/20小樽その2)

ちょうど2週間ぶりの更新になってしまいましたごめんなさい。

GWはしっかり連休いただきましたが、予定を詰めすぎて全然休みにはなりませんでした(笑)

皆様いかがお過ごしでしょうか

 

さて、(前回の続き)追分に到着したわけですが、次の乗り換え列車がなかなかやってきません。3番線でずっと待っていたのですが、ただでさえ本数の少ないところに遅れが重なると、妙に不安になりますよね。

どうやら北海道胆振(いぶり)東部地震(2018.9)の影響で、バラストを交換。列車本数も少ないせいで、路盤が固まらないようです。JR北海道、やばいですね。

f:id:sayakatyan231:20190511203832j:plain

遅れは室蘭線苫小牧方面にとどまらず、岩見沢方面にも及んでいる模様

やきもきしているとやってきました。

室蘭本線1467D 普通岩見沢行き  キハ40系 1705  (8分遅れ)

追分→岩見沢

f:id:sayakatyan231:20190511204511j:plain

この日2回目のキハ40でした。遅れていたし、車内が混雑していたのも相まって、全然写真は撮れませんでした。

岩見沢まで1時間かぁぁぁなんて思っていると、あれ、車内にどこかで見た事のある顔の人がいるじゃないかと。。おや、栗山で下車するようだ、、、、、、

 

 

スーツさんじゃないですか!!!!!!!

 

事前に調べたりも一切せず、たまたまスーツさんと同じ列車に乗り込んだようでした。

下車間際だったので記念撮影等は控えましたが、固く握手してくださって、とても気さくな方でしたよ。

彼の動画にて、栗山駅についての動画が上がってます。興味があれば見てみてください。

youtu.be

興奮冷めやまぬうちに、岩見沢駅についてしまいました。

f:id:sayakatyan231:20190511205701j:plain

駅舎がなまらきれいでビックリ。岩見沢

休日の室蘭線は、部活の学生でとても混雑していますよ。いつまでも走り続けてくれることを祈りつつ、次の列車に乗り込みます。

 

函館本線 3426M 区間快速いしかりライナー 小樽行き      731系 F-9編成

f:id:sayakatyan231:20190511210039j:plain

あれ、先日苫小牧に行った時も731系、F-9、全く同じ編成でした(^^;

岩見沢駅を出て2分ほど、乗ってきた室蘭本線と並行のち、列車は進路を大きく右に切って、札幌方面へ向かいます

f:id:sayakatyan231:20190511210304j:plain

733系だとそうでもないですが、731系のガラス窓は汚すぎる

並走しているとわかりますが、室蘭線は本線系統なのに路線規格は低いですね。

北海道だと新たな発見があって面白いです。

 

3両なので、車内の混雑にいろいろ気をやっているとあっという間に札幌に到着です。

いしかりライナーの6両化をJRに提案しますww

 

札幌駅では735系がいたり、785系が止まっていたりして、鉄オタとしてはメシウマでした

f:id:sayakatyan231:20190511210727j:plain
f:id:sayakatyan231:20190511210734j:plain
おそらく札幌近郊区間普通列車では唯一帯を巻いていない735系(左)と、特急すずらん用785系(右)

しかしまぁ、、胃袋の方は全然満たされないわけでして、、、

 

 

 

f:id:sayakatyan231:20190511211107j:plain

札幌駅から徒歩10分ほど。昼食時は専門学生などでとても混雑する。

やってしまいました。札幌二郎。北海道住みにでもならないと絶対来れないと思っていましたが、いつのまにか北海道住みになってましたね。

 

二郎系の店って、普通は 小<普通<大  みたいな感じなんですが、

札幌二郎では、 普通<小<大 なので注意が必要です。めちゃくちゃ食券売り場でも量についての注意喚起がされてました。

最近寮の食事で大盛食べてない僕はチキって普通を頼んでしまいましたが、かつて大宮で茹で前350gを完食していた僕にとって、普通は少なすぎました。

f:id:sayakatyan231:20190511211625j:plain

ラーメン普通、ニンニク少な目

札幌店では、小を頼まないとアブラ等調節はできないので注意が必要ですね。

麺は少し柔らか目。固めでもおいしく頂けるかも。

スープは少しクリーミーな感じだったかなと思います。なかなかおいしかったです。

行列に並んだかいがありました。

 

 

 

今回はここまで。次回はまたまた、いしかりライナーの混雑に翻弄されます(^^;

次回もよろしくお願いいたします。ではまた。

気動車目的の日帰り旅行(4/20小樽その1)

どうもお久しぶりです。

久々の記事更新でございます。大変お待たせいたしました(;'∀')

道民になってさっそく2週間で旅に出たくなったので行ってきました。

生まれて21年、国鉄気動車には一度も乗ったことがなかったので、

今回の旅行の目的は

気動車にとにかく乗る!!

ということで行ってまいりました。

 

 

f:id:sayakatyan231:20190426204435j:plain

千歳駅7:00、部活に行く中高生や、遊びに行く若者が多い中、僕もその中に混じって、MVで切符を購入します

f:id:sayakatyan231:20190426204639j:plain

北海道の最強一日乗り放題切符、「一日散歩きっぷ

今回使用するのは一日散歩きっぷです

有効期限は4/6~12月くらいだったと思います。冬季は売ってないですが、土日のうちどちらか一日限定で、2260円でフリーエリア内乗り降り自由になってしまう、とんでもない切符ですね。

普通に快速エアポートで千歳ー小樽間往復した場合、それだけで元が取れてしまいますww

 

大量の学生たちに混ざってホームに向かおうとするとありました。

「  普通   追分  」

の表示。

f:id:sayakatyan231:20190426205149j:plain

隣のホームから、苫小牧方面、千歳空港方面行の列車が行きかう中、その向かい側の2番線のホームにいました。間違いなくキハ40。 

車中には学生がいて、追分方面にも学校があるのかななんて思いましたが、朝食をパクついていると、発車直前になって降りて行ってしまいました。

f:id:sayakatyan231:20190426205320j:plain

2番線にちょこんと居座る、石勝線方面ワンマンカー

         千歳線→石勝線 2326D   普通 追分行

南千歳までは千歳線を走行します。

退役した政府専用機を眺めながら、真ん中の線路へと進路を変更すると、千歳線をくぐりながら列車は大きく左側へとカーブしていきます。

すると、、、

f:id:sayakatyan231:20190426210112j:plain

南千歳からは石勝線に入る

 

そこにはとてつもなく長い直線区間が待ち受けていました。

追分駅まで15分間走り続けます。車窓にはいきなり、北海道の田園風景が待ち受けていました。

f:id:sayakatyan231:20190426210609j:plain

石勝線の車窓はこんな風景がずっと続くのだろうか

本当に感激でした。列車には運転士さんと僕の二人だけ。

特急だと飛ばしていってしまうところを70キロくらいでノロノロ進み、朝の空気をたくさん吸い込みながら、気持ちよく乗らせてもらいました。

楽しんでいると、あっという間に、列車の終点、追分に到着です。

f:id:sayakatyan231:20190426210922j:plain

小さな町、追分

追分駅は特急も止まる駅なのですが、普通列車での到達はそこそこ困難で、

なかなか行きにくい場所ではないかと思います

f:id:sayakatyan231:20190426211250j:plain
f:id:sayakatyan231:20190426211256j:plain
到達が困難な追分駅。2番線を一部くりぬいた、4番線も一応ある。

新夕張新得方面への到達もしてみたいところですが、画像の通り、1日2本しか普通列車がないため、今回は泣く泣く断念したのでした。

追分駅の駅前には公衆浴場なんかもあったりします。乗り鉄の際にはぜひ。

 

 

 

大体1記事当たり1000文字を目標に書いていますが、結構簡単に達してしまいます。

この旅行もまだまだ全然続くので、できれば毎日更新していけたらなと思います。

また、新たな企画も進行しており、ネタも尽きる予定はしばらくないのでご安心ください。

次の更新では、追分から室蘭本線に乗ります。車内でまさかの出会いが?!?!

ぜひお楽しみに。

 

 

 

 

21歳になりました。(航空券の取り方)

4/14、今日で21歳になりました。

Twitterとかでは皆さん祝ってくれて。所属しているDIVA ACチームの皆さんからも暖かく祝っていただいて、本当にありがとうございます。

(DIVAチームの皆さんには本当によくしてもらって、どこかできちんとお礼をしたいのですが、東京に行くにしてもいつも別の目的があったりするのでなかなか、、。)

言い訳ですね。失礼しました。

 

 

さて、21歳になったということで、何か特別なことがあるわけでもなし、今回は長旅の基本のき。

航空券の賢い取り方

についてまとめます。そんなんわかるわっていう人は見る意味ないんでそっ閉じしても構いません(;'∀')

 

本題

 

さて、飛行機に乗りたいなって時、どうしますかね??

一番最初はチケット予約からです。

f:id:sayakatyan231:20190414084213j:plain

某大手航空券予約仲介サイト

見てわかるとおり、日付と出発地、到着地を選択することで、どんな便があるのかすぐに調べられます。(ね?簡単でしょ??)

今回は仮に、一か月後の5/14、新千歳から大阪(関空/伊丹)に行く場合を例にとってみます。

出発地、目的地、日付を入力して検索→

f:id:sayakatyan231:20190414084826j:plain

はい、某仲介サイトだと、こんな風に出てきます。

デフォルトでは安い順ですね。下のほうに行くにつれて高くなります。

f:id:sayakatyan231:20190414084814j:plain

ここであまり飛行機に乗ったことがない方は気づくかもしれません。

「え、、大手の航空会社の運賃って高い???」

 

そうなんです。近年では格安航空会社(LCC)が参入してきており、数万もかけて飛行機で移動する時代ではなくなりました。

まあ航空会社による運賃制度の違いについては機会があればまた今度。(未定)

 

そいじゃあ、新千歳12:40発、伊丹14:35着の、JAL2006便を予約するとします。

表示運賃は割引で12730円、変更可能運賃で32630円です。今回は変更可能運賃については割愛します。

f:id:sayakatyan231:20190414085740j:plain

ふぁっ?!?!13810円になってるやん!!810やって。クッサ!!(おいやめい)

正規運賃よりも1080円余計に高く表示されています。当然ですよね。仲介サイトは購入時にマージン(仲介手数料)を要求してきます。

では大手航空会社のサイトで同じ予約方法で取ってみると??

f:id:sayakatyan231:20190414090359j:plain

目的、場合によって合っている割引制度を利用できるかで差が顕著に出ます。

何やら数字がたくさん並んでて難しいですかね。

飛行機は、普通運賃で乗ることはまずやめときましょう

一番安いのは、先得で12730円ですよね。仲介サイトで出てた金額です。

つまり、仲介サイトの所謂「最安値」ってのは、手数料を除いた、最安値の割引運賃を表示してるわけです。

そろそろ画像からお気づきの方も多いかなと思いますが、割引運賃は便、日付・時間帯によって価格が変動します。

なので、

 

仲介サイトで最安割引運賃を確認→

乗りたい便の航空会社ホームページで予約

 

こんな感じの買い方でまず間違いないかなと思います。

f:id:sayakatyan231:20190414091401j:plain

ホームページなのでマージンは取られませんね

では、先ほどからちょくちょく出てきている「先得」についても一応解説しておきます。これめっちゃ重要なんです。

早割とは何ぞ→乗る日の28日前までに予約すると適用できる割引制度

てことです。じゃあ、試しに極端な話、1週間後、4/21の同じ便の運賃を見てみましょう。

f:id:sayakatyan231:20190414092043j:plain

行きたくなくなりますよね。

最安割引運賃は37230円です。28日前に予約するか、そうでないかで、数万円の差が生まれるんです!

さらにJALだと「ウルトラ先得」といって、45日前予約の割引制度もあります。

こちらは先得に比べてさらに安くなります。

 

というわけで、航空券の割引制度や賢い予約の取り方について書きました。

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。

ぜひ、賢いやり方で、安く、楽しく飛行機乗ってくださいね。

 

ではまた次回で

はじめまして。よろしくお願いします。

はじめまして。あ、ツイッターでよく知っている方は初めましてではないですね。

 

しののめです。

 

御年20でございます。4/14で21になります。

年齢については知らない方が多いかもしれません。

 

初回なので、今回ブログ開設に至る動機を語ろうかなと思います。

(カタい文章ですがお許しください。)

 

 

さて、今までは主にツイッターで戯言をポツポツと、ただただ自由気ままに呟いたり、YouTubeで少し音ゲーの動画や、BVE(電車運転ゲーム)の運転動画を上げたりしてきましたが、どのコンテンツにしても情報の発信源及び共有はTwitterにて行ってきました。

 

Twitterの良い点は短い文章で端的に文章をまとめられるのが利点だと思っていますが、(中には一言ずつ意味のないようなツイートしかしてない人もいます)

 

おはこんばんちわ!!!!!!!!

 

ただ、自分自身特に興味のある、乗り物系・音ゲーに関しては、もっと深いところまで語り倒したいぞっていう部分があります。

Twitterの1ツイート当たりの文字数は140文字ですが、それじゃ足りないんですよね。

 

例えば、上野東京ラインに乗ったとします。

E231系きました→横コツ~編成ですね→列番は~ですね→云云かんぬん

ってのを140文字に抑えるのって無理なんですよ

 

音ゲーで例えれば、True Blueの乱打(イントロのところ)配置が~なので運指が~じゃないと押しにくいですよねたとえばこんな(別)押し方もあったりします

 

なーんてのをやってみたいですけど140文字じゃ無理です。

Twitterでメンションでつなげるやり方もいくつか試しましたが、本当に興味のある人しか見ない、あるいは、面倒くさくて繋がってる方はほとんどの人が見ないですよね。

 

最近、投票機能や質問箱から、本当に僕のことを知りたい人が数人出てきたのかなと思い始めていまして、(勘違いだったらごめんなさい)そういう人たちに、僕の趣味はこんなんで、こんな性格ですってのをできる限り公表していきたいなと思った

というのが人生2回目のブログ開設の理由ですね。はい。

 

もちろん、Twitterでも記事を書いたら順次お知らせはしていくので、あんま絡んでこなかった方も、質問箱でしか関わってこなかった方も、jubeatやDIVA勢の方々も、「しののめって奴あんなアホなこと言ってらぁ」くらいに見てくれればとても喜びます。

 

COJも稼働終了しちゃいますし、大宮で知り合った人たちも「しののめ生きてんじゃん」くらいに生暖かく見てくださるとありがたいです。

 

 

アマゾン川、いや盛った。信濃川くらい長々と書き連ねてしまいましたが、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

GWまでに2つ旅行(?)記事をアップしたいと考えております。

普段はここまで長々と書き連ねず、できる限り写真を多用した、わかりやすい漢字に書いていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ではまた(^^)